芸能人・経営者のおくやみ情報

亀山天皇(かめやまてんのう)

第90代天皇[日本]

(嘉元3年9月15日崩御)

(ユリウス暦) 1305年 10月4日 死去享年57歳

 - ウィキペディアより引用

亀山天皇(かめやまてんのう、1249年7月9日〈建長元年5月27日〉- 1305年10月4日〈嘉元3年9月15日〉)は、日本の第90代天皇(在位:1260年1月9日〈正元元年11月26日〉- 1274年3月6日〈文永11年1月26日〉)。
諱は恒仁(つねひと)。
後嵯峨天皇の皇子。
母は中宮・西園寺姞子(大宮院)。
后腹では後深草天皇に次ぐ次男。
大覚寺統の祖。
父母から鍾愛され、兄の後深草天皇を差し置いて治天の君となり、やがて亀山系の大覚寺統と後深草系の持明院統との対立が生じる端緒となった。
皇家の人間ながら、当時の新興宗教である禅宗・律宗を手厚く保護した。
五山別格とされ臨済宗寺格第一である南禅寺は、無関普門(大明国師)に帰依した亀山天皇の勅願によるものである。
また、真言律宗の開祖である西大寺の叡尊(興正菩薩)にも深く帰依した。
禅律振興政策は孫である後醍醐天皇、および後醍醐を敬愛した足利尊氏に継承された。
元寇(文永の役(1274年)、弘安の役(1281年))時の治天の君でもある(天皇は子の後宇多天皇)。

関連作品