芸能人・経営者のおくやみ情報

光厳天皇(こうごんてんのう)

北朝初代天皇[日本]

(貞治3年7月7日崩御)

(ユリウス暦) 1364年 8月5日 死去

 - ウィキペディアより引用

光厳天皇(こうごんてんのう、1313年8月1日〈正和2年7月9日〉- 1364年8月5日〈正平19年7月7日〉)は、日本の北朝初代天皇(在位:1331年10月22日〈元弘元年9月20日〉- 1333年7月7日〈元弘3年5月25日〉)。
諱は量仁(かずひと)。
後醍醐天皇の失脚を受けて皇位に即いたが、鎌倉幕府の滅亡により復権した後醍醐が自身の廃位と光厳の即位を否定したため、歴代天皇126代の内には含まれず北朝初代とされる。
ただし、光厳の在位は鎌倉時代末期で、実際には弟の光明天皇が北朝最初の天皇であり、次の崇光天皇と合わせた2代15年の間、光厳上皇は北朝の治天(皇室の長)の座にあって院政を行った。
また、現在の京都御所につながる土御門東洞院殿は、北朝の成立とともに光厳上皇が皇居と定め、以来拡張や再建を経つつ、北朝から幕末に至る歴代天皇の御所であり続けた。
花園天皇の妻(正親町実子)を寝取っており、花園天皇の子(直仁親王)は自分の子だと、告白している。

関連作品