芸能人・経営者のおくやみ情報

光厳天皇(こうごんてんのう)

北朝初代天皇[日本]

(貞治3年7月7日崩御)

(ユリウス暦) 1364年 8月5日 死去

光厳天皇 - ウィキペディアより引用

光厳天皇(こうごんてんのう、1313年8月1日〈正和2年7月9日〉- 1364年8月5日〈貞治3年7月7日〉)は、日本の北朝初代天皇で、本朝皇胤紹運録における第96代天皇(在位:1331年10月22日〈元弘元年9月20日〉- 1333年7月7日〈正慶2年5月25日〉)。
諱は量仁(かずひと)。
幼少期は持明院統の次期当主として叔父である花園上皇から周到な帝王教育を受け、後醍醐天皇の失脚によって践祚。
後醍醐天皇の倒幕運動による六波羅探題陥落に際し、幕府軍とともに逃避行したが、途中目の前で幕府軍全員が自害し自身も逮捕され、後醍醐天皇に廃位された。
しかし、足利尊氏に院宣を与えて建武政権が崩壊すると、北朝を開いて治天の君となった。
弟の光明天皇と皇子の崇光天皇の在位中は院政を敷き、貞和徳政と称される政治を行い、勅撰集である『風雅和歌集』を自ら編纂するなどした。
ところが、観応の擾乱に起因する正平一統によって北朝は一時的に廃止され、その後自身は大和国(奈良県)の山奥である賀名生に拉致されてしまった。
幽閉中に出家し、帰京後は禅宗に帰依した。
晩年は持明院統の相続を定め、その後の伏見宮の成立や存続に深く関与している。
その後丹波国山国に常照皇寺を建立し、同地で修行して悟りを得た後、崩御。
宝算51(満)。
日本の天皇の中でも稀有な生涯であったが、花園上皇の教えを守って真摯に政務に向かった。
民衆を思いやり、生涯に渡って君主としての責任を果た ……

関連作品