芸能人・経営者のおくやみ情報

後村上天皇(ごむらかみてんのう)

第97代天皇[日本]

(応安元年3月11日崩御)

(ユリウス暦) 1368年 3月29日 死去享年41歳

後村上天皇 - ウィキペディアより引用

後村上天皇(ごむらかみてんのう、1328年〈嘉暦3年〉10月4日または10月11日 - 1368年3月29日〈正平23年3月11日〉)は、日本の後醍醐天皇の七男。
後醍醐天皇の皇子達の中でただ一人の天皇である、第97代天皇および南朝第2代天皇(在位:1339年9月18日〈延元4年/暦応2年8月15日〉- 1368年3月29日〈正平23年/応安元年3月11日〉)。
諱は初め憲良(のりよし / のりなが)、後に義良(のりよし)に改めた。
名前の読みが二種類あることについては、後醍醐天皇の皇子の名の読みを参照。
父の後醍醐天皇の遺志を継いで南朝の京都回復を図り、東北地方(陸奥国)南部の宮城県多賀城市にある陸奥国府兼鎮守府の多賀城に入城。
後醍醐天皇が多賀城に創設したに奥羽将軍府(東北地方将軍府)のトップとして、北朝を擁する室町幕府軍と南北朝の内乱を戦った。
のち大和(奈良県)の吉野・賀名生、摂津(大阪府)の住吉などを行宮した。
1911年(明治44年)、明治天皇の明治政府によって南朝が正統とされたため、歴代天皇として列された。

関連作品