芸能人・経営者のおくやみ情報

玉楮象谷(たまかじぞうこく)

漆芸家[日本]

(明治2年2月1日没)

1869年 3月13日 死去享年64歳

玉楮象谷 - ウィキペディアより引用

玉楮 象谷 (たまかじ ぞうこく、1806年11月13日(文化3年10月4日) - 1869年3月13日(明治2年2月1日))は、江戸時代後期の日本の漆工職人。
讃岐国高松出身で、讃岐国とその他諸藩の漆工技術、特に彫漆の発展に貢献した。
香川漆器の基礎を築いたとされる。
名は為造、通称は敬造、正直。

関連作品

玉楮象谷が亡くなってから、153年と265日が経過しました。(56148日)

「玉楮象谷」と関連する故人