芸能人・経営者のおくやみ情報

マレー・ゲルマン 氏Murray Gell-Mann

物理学者[アメリカ]

(「素粒子の分類と相互作用に関する発見と研究」でノーベル物理学賞受賞)

2019年 5月24日 死去享年91歳

マレー・ゲルマン - ウィキペディアより引用

マレー・ゲルマン(Murray Gell-Mann、1929年9月15日 - )は、アメリカ・ニューヨーク生まれの物理学者。
表記はマレイまたはゲル=マンとも。
1969年、「素粒子の分類と相互作用に関する発見と研究」でノーベル物理学賞を受賞。
「クォークの父」と呼ばれる。
「複雑系(複雑適応系)」研究で有名なサンタフェ研究所の設立者のひとり。
13か国語を操り、心理学、人類学、考古学、鳥類学にも造詣が深い。
クォーク、ストレンジネス、色荷(カラー)などを命名したことでも知られる。
イェール大学から物理学で学士号を、マサチューセッツ工科大学から同じく物理学で博士号を取得後、1951年からプリンストン高等研究所の研究員、コロンビア大学客員准教授、シカゴ大学准教授(1954-55年)を経て、1956年27歳でカリフォルニア工科大学の教授となる。

※注

当サイトの享年は、原則的に数え年で表示しています。一般的に使用されている満年齢は、数え年から1か2を引いた数字となります。