芸能人・経営者のおくやみ情報

フランソワ・プルティエ・ド・ラ・サールFrançois Poulletier de la Salle

化学者医師[フランス]

1788年 3月20日 死去享年70歳

François Poulletier de la Salle は、1719年9月30日、フランスのリヨン生まれの医師および化学者。彼は、1758年頃、コレステロールから結晶を単離することに成功した。長らく彼の業績は公表されず、おおまかな事柄が伝えられるのみであったが、Pierre-Joseph Macquer と Felix Vicq-d'Azyr の二人によって広く知られるようになった。

フランソワ・プルティエ・ド・ラ・サールが亡くなってから、233年と254日が経過しました。(85357日)