芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ・ウェスティングハウス

発明家技術者[アメリカ]

1914年 3月12日 死去享年69歳

 - ウィキペディアより引用

ジョージ・ウェスティングハウス・ジュニア(George Westinghouse, Jr、1846年10月6日 - 1914年3月12日) は、アメリカ合衆国の技術者、実業家。
鉄道車両用の空気ブレーキ等を発明。
また、それらの発明を産業として発展させた、電気産業の先駆者である。
ウェスティングハウスは、アメリカにおける初期の電力システムの建設に関してトーマス・エジソンのライバルの1人であった。
エジソンが主張した直流送電システムに対して、ウェスティングハウスの交流送電システムは最終的に勝利を収めることになった。
1911年に彼はアメリカ電気学会(AIEE: American Institute of Electrical Engineers、後のIEEE)から「交流システムの開発に関する賞賛に値する業績」に対してエジソンメダルを受賞した。

関連作品

ジョージ・ウェスティングハウスが亡くなってから、107年と261日が経過しました。(39343日)