芸能人・経営者のおくやみ情報

速水御舟(はやみぎょしゅう)

日本画家[日本]

1935年 3月20日 死去腸チフス享年40歳

速水御舟 - ウィキペディアより引用

速水 御舟(はやみ ぎょしゅう、1894年(明治27年)8月2日 - 1935年(昭和10年)3月20日)は、大正・昭和初期の日本画家である。
本名は蒔田 栄一(まきた えいいち、後に母方の速水に改姓)。
禾湖・浩然のち御舟と号す。
オクイシェー・クーロンヌ勲章・赤十字二等名誉勲章受章。
今村紫紅は兄弟子。
1894年(明治27年)8月2日、東京府東京市浅草区に生まれる。
従来の日本画にはなかった徹底した写実、細密描写からやがて代表作『炎舞』のような象徴的・装飾的表現へと進んだ。
長くない生涯に多くの名作を残し、『名樹散椿』(めいじゅちりつばき)は昭和期の美術品として最初に重要文化財に指定された。
1935年(昭和10年)3月20日、腸チフスにより急逝した。
40歳没。

関連作品

速水御舟が亡くなってから、87年と191日が経過しました。(31968日)