芸能人・経営者のおくやみ情報

ピウス10世Pius X

ローマ教皇[イタリア]

1914年 8月20日 死去享年80歳

 - ウィキペディアより引用

ピウス10世(Pius X、1835年6月2日 - 1914年8月20日)あるいはピオ10世は、ローマ教皇(在位:1903年8月4日 - 1914年8月20日)、カトリック教会の司祭。
本名、はジュゼッペ・メルキオッレ・サルト(Giuseppe Melchiorre Sarto)。
カトリック教会の聖人であり、16世紀のピウス5世以来、400年ぶりに教皇として列聖された人物である。

関連作品

ピウス10世が亡くなってから、107年と109日が経過しました。(39191日)