芸能人・経営者のおくやみ情報

フランツ・ルーローFranz Reuleaux

機械工学者[ドイツ]

1905年 8月20日 死去享年77歳

 - ウィキペディアより引用

フランツ・ルーロー(Franz Reuleaux, 1829年9月30日 - 1905年8月20日)は機械工学者。
シャルロッテンブルク工科大学(現:ベルリン工科大学)の講師を務め、後には同大学の学長に任命された。
彼はしばしば運動学の父と称されてきた。
当該分野でリーダーシップを発揮し、科学と知識の数々の重要な領域に貢献した。
今日、彼の名前がもっともよく思い出されるのは、彼が有用な機械的図形として開発を支援した定幅曲線、ルーローの三角形によってかもしれない。

関連作品