芸能人・経営者のおくやみ情報

安楽庵策伝(あんらくあんさくでん)

浄土宗[日本]

(寛永19年1月8日示寂)

1642年 2月7日 死去享年89歳

安楽庵 策伝(あんらくあん さくでん、天文23年(1554年) - 寛永19年1月8日(1642年2月7日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての浄土宗西山深草派の僧。
美濃国出身。
誓願寺第55世法主。
安楽庵流(織部流の分派)茶道の祖。
金森定近の子といわれる。
明治38年(1905年)、関根黙庵『江戸の落語』で言及されてから「落語の祖」とされる。
策伝は道号。
諱は日快、号は醒翁、俗名は平林平太夫。

関連作品

安楽庵策伝が亡くなってから、379年と291日が経過しました。(138721日)