芸能人・経営者のおくやみ情報

大石内蔵助(おおいしくらのすけ)

赤穂藩士、筆頭家老[日本]

(諱・良雄、吉良邸に討ち入る、元禄16年2月4日没)

1703年 3月20日 死去切腹享年45歳

 - ウィキペディアより引用

大石 良雄(おおいし よしお/よしたか 万治2年(1659年) - 元禄16年2月4日(1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士。
播磨国赤穂藩の筆頭家老。
元禄15年、赤穂四十七士を率いて吉良邸に討ち入り、吉良義央ほか二十余名を斬殺した。
大石らは自ら出頭し(寺坂信行を除く)、公儀の裁きに処分を委ねた。
翌16年、幕府の処断により四十六士は切腹となった(赤穂事件)。
良雄は諱で、通称(仮名)は内蔵助。
一般にはこの大石 内蔵助(おおいし くらのすけ)の名で広く知られる。

関連作品