芸能人・経営者のおくやみ情報

伊藤仁斎(いとうじんさい)

儒学者[日本]

(宝永2年3月12日没)

1705年 4月5日 死去享年79歳

 - ウィキペディアより引用

伊藤 仁斎(いとう じんさい、寛永4年7月20日(1627年8月30日) - 宝永2年3月12日(1705年4月5日))は、江戸時代の前期に活躍した儒学者・思想家。
京都の生まれ。
日常生活のなかからあるべき倫理と人間像を探求して提示した。
諱は、はじめ維貞、のち維禎。
仮名 (通称)は、源吉、源佐、源七。
屋号は、鶴屋七右衛門。
仁斎は号であり、諡号は古学先生。
『論語』を「最上至極宇宙第一の書」と尊重した。
初めは朱子学者であったが、後に反朱子学となり、孔子・孟子の原義に立ち返る「古義」を標榜した。

関連作品

伊藤仁斎が亡くなってから、316年と243日が経過しました。(115662日)