芸能人・経営者のおくやみ情報

荻生徂徠(おぎゅうそらい)

儒学者[日本]

(享保13年1月19日没)

1728年 2月28日 死去享年63歳

荻生徂徠 - ウィキペディアより引用

荻生 徂徠(おぎゅう そらい、寛文6年2月16日(1666年3月21日) - 享保13年1月19日(1728年2月28日))は、江戸時代中期の儒学者、思想家、文献学者。
名は雙松(なべまつ)、字・実名は「茂卿」で、字としては「もけい」、実名としては「しげのり」と読む。
通称は惣右衛門(そうえもん)。
徂徠(そらい)と号し(一説では「徂來」が正しいとする)、また、蘐園(けんえん)とも号した。
「徂徠」の号は『詩経』「徂徠之松」に由来し、「松が茂る」の意味である「茂卿」ともに松に関する名であることが指摘される。
本姓は物部氏で、「物徂徠(ぶっそらい)」「物茂卿」とも号した。
父は江戸幕府第5代将軍徳川綱吉の侍医だった荻生景明。
弟は第8代将軍となる徳川吉宗の侍医を務め、明律の研究で知られた荻生北渓。

関連作品

荻生徂徠が亡くなってから、294年と279日が経過しました。(107663日)