芸能人・経営者のおくやみ情報

尾上松之助(おのえまつのすけ)

歌舞伎役者俳優映画監督[日本]

1926年 9月11日 死去心臓病享年52歳

 - ウィキペディアより引用

尾上 松之助(おのえ まつのすけ、1875年(明治8年)9月12日 - 1926年(大正15年)9月11日)は、日本の歌舞伎役者、映画俳優、映画監督。
本名は中村 鶴三(なかむら かくぞう)。
日本映画草創期に活躍した時代劇スターであり、日本初の映画スターといわれる。
旅役者から牧野省三に認められて映画界に入り、『碁盤忠信 源氏礎』でデビュー。
牧野とのコンビで横田商会、日活の2社で1000本以上の映画に出演、大きな目玉を向いて見得を切る演技が評判を呼び「目玉の松ちゃん」の愛称で大衆に親しまれた。
立川文庫や講談でおなじみの英雄・豪傑・義人・侠客のほとんどに扮しており、トリック撮影を駆使した忍術映画では年少ファンのアイドル的存在となった。
後年には、日活大将軍撮影所所長、日活取締役などを兼任して重役スターとなり、公木 之雄(きみき ゆきお)の名で監督作も発表。
晩年は社会福祉事業にも貢献した。

関連作品