芸能人・経営者のおくやみ情報

秋山真之(あきやまさねゆき)

海軍中将[日本]

(日露戦争時の作戦参謀)

1918年 2月4日 死去腹膜炎享年49歳

秋山真之 - ウィキペディアより引用

秋山 真之(あきやま さねゆき、旧字体:秋山 眞之、1868年4月12日〈慶応4年3月20日〉 - 1918年〈大正7年〉2月4日)は、日本の海軍軍人。
最終階級は海軍中将。
位階勲等功級は従四位勲二等功三級。
勲二等旭日重光章、功三級金鵄勲章を授与された。
通称は淳五郎(じゅんごろう)。
三兄は「日本騎兵の父」と云われた陸軍大将の秋山好古、次兄は朝鮮京城電気重役の岡正矣。
子は4男2女。
元参議院議員・大石尚子は、真之の孫(二女・宜子の長女)。
日本海海戦出撃の際の報告電報の一節で、名文と評された「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」の作者でもある。

関連作品

秋山真之が亡くなってから、104年と302日が経過しました。(38288日)