芸能人・経営者のおくやみ情報

出口王仁三郎(でぐちおにさぶろう)

宗教家、大本教教祖[日本]

1948年 1月19日 死去享年78歳

 - ウィキペディアより引用

出口 王仁三郎(でぐち おにさぶろう、1871年8月27日(明治4年旧7月12日) - 1948年(昭和23年)1月19日)は、新宗教「大本」の二大教祖の一人。
肩書きは「教主輔」、尊称は「聖師」。
もう一人の教祖(肩書きは「開祖」)は、出口なお(直)。
1916年(大正5年10月)、「王仁三郎こそミロク神」という神からの啓示が出口なお降りたため敵対していた出口王仁三郎と手を組むことになった。
しかし、王仁三郎は「霊界物語」第13巻信天翁において、「今大本にあらはれた変性女子(=王仁三郎)は似而非ものだ、みのか尾張の国の中変性女子が判明すれば大本も駄目だらう」とうか書き示している。
みのか尾張の変性女子について、大本の信徒であり後に日月神示を受けたとする岡本天明も、「江戸の仕組み」が終わると「美濃尾張の仕組み(=身の終わり)」と共通した内容で、「美濃尾張」の血筋からミロクが現れることを予言しているとされる。

関連作品