芸能人・経営者のおくやみ情報

井植歳男 氏(いうえとしお)

実業家、三洋電機創始者[日本]

1969年 7月16日 死去脳出血享年68歳

 - ウィキペディアより引用

井植 歳男(いうえ としお、1902年12月28日 - 1969年7月16日)は、日本の実業家。
三洋電機株式会社の創業者。
松下電気器具製作所(松下電器産業を経て、現・パナソニック)の創業メンバーで、元専務取締役。
来歴・人物 松下に入るまで 兵庫県津名郡浦村(現:淡路市浦字井上浜)に井植清太郎の長男として生まれる。
生家は代々自作農で、かなり裕福だったが、父清太郎は百姓を嫌い、船に乗っていた。
「清光丸」という千石船をもち大阪、九州、朝鮮あたりまででかけて自家貿易をしていた。
13歳の時、清太郎が急死し、後を継いで叔父の船で船乗りになったものの、石灰岩を積んで大阪港から安治川を上って西九条の石灰工場の下に着いた際に、乗っていた叔父の船が東京倉庫(現・三菱倉庫)の爆発に巻き込まれて炎上沈没、歳男らは浦へ命からがら逃げ帰る。

関連書籍

いうえとしお [生]1902.12.28.兵庫,淡路島[没]1969.7.16.大阪経営者。家電メーカー・三洋電機の創業者。1917年小学校高等科卒業後,義兄の松下幸之助が起した松下電気器具製作所に入社,以後松下の片腕となって働く。35年株式に改組し松下電器産業となるとともに専務に就任。GHQから旧松下電器の経営者は1人を残して退社すべしとの命令に従い,46年松下を退社し,翌47年三洋電機製作所を設立する。携帯ランプ,自転車用発電ランプ,電器スタンドからの出発であった。50年三洋電機に改組するとともに社長に就任。53年電気洗濯機を当時としては破格の2万円台という安値で発売し,爆発的なヒットとなる。以後テレビ受像機,冷蔵庫,掃除機と家電製品全般を扱う総合家電メーカーに成長させていった。64年にはカドニカ電池の生産を開始し,事業の柱の1本に成長させた。創業時から海外進出に積極的で,販売網のほか製造にも力を注いだ。68年に社長を退任し会長に就任。財界でも「井植学校」と呼ばれる集りをつくるなど,活発な活躍ぶりをみせた。 (引用元 コトバンク)