芸能人・経営者のおくやみ情報

保科正之(ほしなまさゆき)

信濃高遠藩・出羽山形藩・陸奥会津藩 藩主[日本]

(徳川秀忠の実子、寛文12年12月18日没)

1673年 2月4日 死去享年63歳

 - ウィキペディアより引用

保科 正之(ほしな まさゆき)は、江戸時代前期の大名。
会津松平家初代。
信濃国高遠藩主、出羽国山形藩主を経て、陸奥国会津藩初代藩主。
江戸幕府初代将軍徳川家康の孫、二代将軍秀忠の子にあたる。
3代将軍・徳川家光の異母弟で、家光と4代将軍・家綱を輔佐し、幕閣に重きをなした。
将軍の「ご落胤」でもある。

関連作品

保科正之が亡くなってから、349年と101日が経過しました。(127573日)