芸能人・経営者のおくやみ情報

竹脇無我 氏(たけわきむが)

俳優[日本]

(「アンコ椿は恋の花」「人生劇場」「花と龍」などに出演)

2011年 8月22日 死去小脳出血享年68歳

 - ウィキペディアより引用

竹脇 無我(たけわき むが、1944年2月17日 - 2011年8月21日)は、日本の俳優。
本名同じ。
千葉県我孫子市出身。
石原プロモーション、タケワキプロダクション、イザワオフィスを経てアクターズ・セブンに所属していた。

正統派二枚目として数多くのテレビドラマや映画、舞台で活躍した俳優の竹脇無我(たけわき・むが)さんが21日午後2時5分、小脳出血のため死去した。67歳だった。千葉県出身。葬儀は密葬で済ませた。 1960年映画でデビュー。テレビドラマ「だいこんの花」などで故森繁久弥さんの息子を演じた。時代劇「江戸を斬る」第1部で主演。同「大岡越前」シリーズでは加藤剛さん演じる大岡越前を助ける友人の医師役で多くのファンを得た。 うつ病を患い、治療に専念するため一時芸能活動を停止したが、闘病生活後に活動を再開。最近も昨年の映画「大奥」で主人公の父役を演じていた。 (2011/08/22-15:41)

関連作品

竹脇無我さんが亡くなってから、10年と62日が経ちました。(3715日)