芸能人・経営者のおくやみ情報

杉浦重剛

思想家[日本]

1924年 2月13日 死去享年70歳

 - ウィキペディアより引用

杉浦 重剛(すぎうら じゅうごう、安政2年3月3日(1855年4月19日)- 大正13年(1924年2月13日)は、明治・大正時代の国粋主義的教育者・思想家。
幼名は謙次郎。
父は膳所藩の儒者杉浦重文。
近江国膳所藩(現・滋賀県大津市)出身。
若き日の昭和天皇、秩父宮雍仁親王、高松宮宣仁親王の3兄弟に帝王学の一環として倫理を進講する。
号は梅窓または天台道士。
学生時の渾名は紙魚(しみ)。
後に『人格高邁の国士』と評される。
理学宗の世界観を確立。

関連作品