芸能人・経営者のおくやみ情報

夏目漱石(なつめそうせき)

小説家、評論家、英文学者[日本]

1916年 12月9日 死去胃潰瘍享年50歳

 - ウィキペディアより引用

夏目漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日〈慶応3年1月5日〉 - 1916年〈大正5年〉12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者、俳人。
本名は夏目金之助(なつめ きんのすけ)。
俳号は愚陀仏。
明治末期から大正初期にかけて活躍した近代日本文学の頂点に立つ作家の一人。
代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『三四郎』『それから』『こゝろ』『明暗』など。
明治の文豪として日本の千円紙幣の肖像にもなった。

関連作品

夏目漱石が亡くなってから、104年と285日が経過しました。(38271日)