芸能人・経営者のおくやみ情報

野上弥生子 氏(のがみやえこ)

作家[日本]

1985年 3月30日 死去老衰享年101歳

 - ウィキペディアより引用

野上 弥生子(のがみ やえこ、本名:野上 ヤヱ〈のがみ やゑ〉、旧姓:小手川、1885年〈明治18年〉5月6日 - 1985年〈昭和60年〉3月30日)は、日本の小説家。
大分県臼杵市生まれ。
夏目漱石の紹介で『縁』を発表して以来、写実主義に根差す作風と、理知的リアリズムとで市民的良識を描き続け、明治から昭和末期まで80年余の作家活動を行った。
芸術院会員。
文化勲章受章。

関連作品