芸能人・経営者のおくやみ情報

黒岩涙香(くろいわるいこう)

作家[日本]

1920年 10月6日 死去享年59歳

黒岩涙香 - ウィキペディアより引用

黒岩 涙香(くろいわ るいこう、1862年11月20日(文久2年)9月29日 - 1920年(大正9年)10月6日)は、日本の小説家、思想家、作家、翻訳家、ジャーナリスト。
本名は黒岩 周六。
黒岩は本名に、涙香は愛読していた「紅涙香」に由来する。
黒岩涙香のほか、香骨居士、涙香小史、冷眼士等などの筆名を用いた。
号は古概、民鉄、正調庵、黒岩大。
執拗な取材をおこなうことから「マムシの周六」というあだ名がつけられた。
戒名は黒岩院周六涙香忠天居士。
翻訳家、作家、記者として活動し、『萬朝報(よろずちょうほう)』を創刊した。
兄は黒岩四方之進。

推定関連画像

黒岩涙香が亡くなってから、103年と282日が経過しました。(37903日)