芸能人・経営者のおくやみ情報

山田風太郎 氏(やまだふうたろう)

作家[日本]

2001年 7月28日 死去肺炎享年80歳

山田風太郎 - ウィキペディアより引用

山田 風太郎(やまだ ふうたろう、1922年(大正11年)1月4日 - 2001年(平成13年)7月28日)は、日本の小説家。
本名は山田 誠也(せいや)。
伝奇小説、推理小説、時代小説の三方で名を馳せた、戦後日本を代表する娯楽小説家の一人である。
東京医科大学卒業、医学士号取得。
『魔界転生』や忍法帖シリーズに代表される、奇想天外なアイデアを用いた大衆小説で知られている。
『南総里見八犬伝』や『水滸伝』をはじめとした古典伝奇文学に造詣が深く、それらを咀嚼・再構成して独自の視点を加えた作品を多数執筆した。
2010年、その名を冠した「山田風太郎賞」が創設された。
筆名 筆名は、中学生時代に3人の友人らと互いに呼び合うのに用いた雷 / 雨 / 雲 / 風という符丁、そして受験雑誌への投稿時代にペンネームとして使用した「風」に由来する。
当初は「かぜたろう」と読ませたかったようである(国立国会図書館のデータベースにその名残が見られる)が、最終的に「ふうたろう」で定着した。

MP3ダウンロード

  • 題名
    太陽黒点
    発売元
    TOKUMA JAPAN COMMUNICATIONS
    演奏時間
    419分
    発売日
    2019年6月05日
    DL料金
    ¥ 250

やまだふうたろう [生]1922.1.4.兵庫[没]2001.7.28.東京小説家。医者の家に生れ,東京医科大学を卒業したものの,在学中から小説を書きはじめ,1947年,推理小説専門誌『宝石』の第1回懸賞小説に『達磨峠の事件』で入選を果した。以後,個性的な推理小説を次々に発表,49年には『眼中の悪魔』『虚像淫楽』で探偵作家クラブ賞を受賞した。58年から雑誌『面白倶楽部』に1年間連載した『甲賀忍法帖』がヒットし,以後『くノ一忍法帖』『江戸忍法帖』など一連の忍法小説で一大ブームを巻起した。ほかにも『戦中派不戦日記』(1971),『警視庁草紙』(75),さらに近年では『婆娑羅』(90)などがある。 (引用元 コトバンク)