芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤弘之(かとうひろゆき)

但馬出石藩士、幕臣、政治学者政治家、男爵[日本]

1916年 2月9日 死去享年81歳

 - ウィキペディアより引用

加藤 弘之(かとう ひろゆき、1836年8月5日〈天保7年6月23日〉- 1916年〈大正5年〉2月9日)は、明治時代の日本の政治学者、教育者。
旧幕臣・出石藩士。
位階勲等は正二位勲一等、爵位は男爵、学位は文学博士・法学博士。
旧名・誠之(あきゆき)、通称・弘蔵(こうぞう)。
外様大名の出石藩の藩士の子に生まれ、出石藩藩校弘道館で学んだ後、済美館や致遠館でグイド・フルベッキの門弟として学ぶ。
学門一筋で精進し幕臣となり、維新後は新政府に仕える身となる。
明六社会員。
外務大丞、元老院議官、勅選貴族院議員などを歴任、獨逸学協会学校の第2代校長、旧東京大学法・理・文3学部の綜理を務め、のち帝国大学(現・東京大学)第2代総長を務めた。
大日本教育会名誉会員。
その後男爵、初代帝国学士院院長、枢密顧問官。

関連作品