芸能人・経営者のおくやみ情報

カール・ツェルニーKarl Czerny

ピアニスト作曲家[オーストリア]

1857年 7月15日 死去享年67歳

 - ウィキペディアより引用

カール・ツェルニー(Carl Czerny ドイツ語: [karl ˈtʃɛrni], 1791年2月21日 ウィーン‐1857年7月15日 ウィーン)は、オーストリアのピアノ教師、ピアニスト、作曲家。
祖先はボヘミア出身のスラヴ人で、苗字の綴りは元はチェコ語: Černy(チェルニー、意味は「黒」)であった。
ドイツ語でも発音はチェルニーだが、日本ではツェルニーと発音・表記される事が多い。
概論 ベートーヴェン、クレメンティ、フンメルの弟子で、ウィーン音楽院においてリストおよびレシェティツキの師。
作風は初期ロマン派の傾向に留まった。
デビュー後のリストの演奏様式を個人的には気に入っていなかったらしいが、ショパンやリストのような後代の作曲家の斬新性を高く評価し、彼らの編曲や校訂活動を熱心に行った。
作品番号は861に上り、未出版のものを含めて1,000曲以上の作品を残した多作家であったが、現在は実用的なピアノ練習曲を数多く残したことで有名な存在である。

関連作品

「カール・ツェルニー」と関連する故人