芸能人・経営者のおくやみ情報

朝倉文夫(あさくらふみお)

彫刻家[日本]

1964年 4月18日 死去急性骨髄性白血病享年81歳

 - ウィキペディアより引用

朝倉 文夫(あさくら ふみお、1883年(明治16年)3月1日 - 1964年(昭和39年)4月18日)は、明治から昭和の彫刻家(彫塑家)である。
号は紅塐(こうそ)。
「東洋のロダン」と呼ばれた。
舞台美術家・画家の朝倉摂(摂子)は長女、彫刻家の朝倉響子は次女。

関連作品

  • タイトル
    朝倉文夫文集 彫塑余滴
    種別
    単行本
    著者
    • 朝倉文夫
    出版社
    朝倉彫塑館
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥591
    中古商品
    ¥591より
  • 品名
    航南瑣話
    販売者
    東和出版社
    発売日
    新品価格
    ¥5,000
    中古商品
    ¥5,000より

朝倉文夫が亡くなってから、57年と277日が経過しました。(21096日)