芸能人・経営者のおくやみ情報

シャルル・ジェラールCharles Frédéric Gerhardt

化学者[フランス]

1856年 8月19日 死去享年41歳

 - ウィキペディアより引用

シャルル・フレデリック・ジェラール(Charles Frédéric Gerhardt, 1816年8月21日 – 1856年8月19日)はフランスの化学者。
アンドレ・デュマの提唱した型の説をまとめなおしアウグスト・ケクレの原子価説への橋渡しを行なった。
またアレキサンダー・ウィリアムソンが予想したカルボン酸無水物を実際に合成した。
オーギュスト・ローランと親交を結び、大きな影響を受けた。
またローランとともに当時の権威であった年長の化学者たちに対して批判的な立場をとり、若くして亡くなった不遇の化学者としてしばしば並列して扱われている。