芸能人・経営者のおくやみ情報

小村寿太郎(こむらじゅたろう)

外交官政治家、外相、侯爵[日本]

1911年 11月26日 死去結核享年57歳

 - ウィキペディアより引用

小村 寿太郎(こむら じゅたろう、正体字:壽太郞、1855年10月26日(安政2年9月16日) - 1911年(明治44年)11月26日)は、日本の外交官、政治家。
外務大臣、貴族院議員(侯爵終身)などを務めた。
イギリス・アメリカ・ロシア・清国・朝鮮(韓国)の公使・大使を務め、特に2度の外相時代には日英同盟の締結、日露戦争後のポーツマス条約の締結、条約改正の完成(関税自主権の完全回復)などの業績をのこし、近代日本外交を体現した人物として知られる。
爵位は侯爵。

関連作品