芸能人・経営者のおくやみ情報

伊藤博文(いとうひろぶみ)

長州藩士政治家、初代内閣総理大臣、韓国統監、公爵[日本]

1909年 10月26日 死去射殺享年68歳

伊藤博文 - ウィキペディアより引用

伊藤 博文(いとう ひろぶみ、 旧字体:伊藤󠄁 博󠄁文󠄁、1841年10月16日〈天保12年9月2日〉- 1909年〈明治42年〉10月26日)は、明治時代の日本の政治家。
位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。
大久保利通らの路線を受け継ぎ初代内閣総理大臣に就任し近代立憲主義社会の基礎を築いた。
4度にわたって内閣総理大臣(初代・5代・7代・10代)を務め一次内閣時には大日本帝国憲法の起草の中心人物となり、二次内閣では日清戦争の講和条約である下関条約の起草にあたった。
四次内閣の組閣に際して立憲政友会を結党して初代総裁となり、政党政治の道を開いた。
他、初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監、元老などを歴任した。
百姓の身分から初代内閣総理大臣に上り詰め、その後も元老として明治日本を牽引したので今太閤の代名詞も持つ日本、またアジアの近代史を代表する人物の一人である。
諱は、博文(ひろぶみ、「ハクブン」と読むこともある)。
幼名は利助(りすけ)、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。
明治初期に政府公文書で本姓やカバネを使うことが義務づけられていた時期には越智宿禰(おちのすくね)博文と署名した。

関連作品

伊藤博文が亡くなってから、114年と181日が経過しました。(41820日)