芸能人・経営者のおくやみ情報

安重根

犯罪者、テロリスト[朝鮮]

(ハルピンで伊藤博文を暗殺)

1910年 3月26日 死去処刑享年32歳

安重根 - ウィキペディアより引用

安 重根(あん じゅうこん、アン・ジュングン、안중근、1879年9月2日 - 1910年3月26日)は、大韓帝国の独立運動家、テロリスト、伊藤博文の暗殺者。
本貫は順興安氏。
開化派の流れを汲むカトリック教徒であるが、華夷秩序を主張した旧守派及び東学党や、後継たる天道教及び一進会とは終生敵対したため、民族主義者としての立場は不明確とされている。
そのため、生前に本人が明確に主張していたのは「朝鮮の独立」のみと位置付けられている人物である。
親露派との関係性は不明。
1909年10月26日に伊藤博文[注釈 6]をハルビン駅構内で襲撃し暗殺に至った。
ロシア官憲に逮捕されて日本の関東都督府に引き渡され、1910年3月26日に処刑された。
獄中で「東洋平和論」を執筆。
大韓民国の建国以後 、韓国の民族主義で象徴的な位置づけとなった。

関連作品

  • タイトル
    安重根と東洋平和論
    種別
    単行本
    著者
    • 李泰鎮
    • 安重根ハルピン学会
    • 勝村誠
    • 安重根東洋平和論研究会
    出版社
    日本評論社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥6,600
    中古商品
    ¥3,000より
  • タイトル
    安重根事件公判速記録 翻刻版
    種別
    単行本
    著者
      出版社
      批評社
      ページ数
      発売日
      新品価格
      ¥2,970
      中古商品
      ¥74より

    安重根が亡くなってから、114年と88日が経過しました。(41727日)