芸能人・経営者のおくやみ情報

トマス・コールThomas Cole

画家[イギリス→アメリカ]

1848年 2月11日 死去享年48歳

 - ウィキペディアより引用

トマス・コール(英:Thomas Cole, 1801年2月1日 - 1848年2月11日)は、アメリカの画家。
イギリス生まれ。
19世紀半ばに盛んとなったアメリカの芸術運動ハドソン・リバー派の創始者であると考えられている。
コールの作品はロマン主義と自然主義のテーマを備えた、現実的かつ詳細な描写によってアメリカの風景と自然を描いたことで知られている。
1819年に家族と共にアメリカに渡り、フィラデルフィア・アカデミーで学んだ後、ニューヨーク州キャッツキルに住んだ。
イタリアに滞在した際、「帝国の推移」を完成させた。
「荒野の十字架」、「十字架」、「世界の連作」を手がけたが、いずれも未完成のまま、1848年2月11日に亡くなった。

「トマス・コール」と関連する故人