芸能人・経営者のおくやみ情報

長谷川雪旦(はせがわせったん)

絵師[日本]

(天保14年1月28日没)

1843年 2月26日 死去享年66歳

 - ウィキペディアより引用

長谷川 雪旦(はせがわ せったん、安永7年〈1778年〉- 天保14年1月28日〈1843年2月26日〉)は、江戸時代後期の日本の絵師。
本名は 後藤 茂右衛門(読み:ごとう しげえもん、もしくは、- もえもん)。
氏姓は後藤を名乗るが、本姓は金沢である可能性が高い。
画姓は長谷川を名乗る。
名は宗秀(むねひで)。
通称は、後藤 右衛門(ごとう うえもん)、茂右衛門(読み:しげえもん、もしくは、もえもん)、長之助(ちょうのすけ)。
画号は、雪旦のほか、一陽庵(いちようあん)・厳岳斎(げんがくさい)・岩岳斎・岳斎が知られている。
俳号は五楽(読み:ごがく、もしくは、ごらく [字引 1])。
著名な親族としては子の長谷川雪堤(絵師)がいる。
『江戸名所図会』(1834-1836年刊)・『東都歳事記』(1838年刊)の挿図絵師として、また、唐津藩および尾張藩の御用絵師として知られる。

関連作品