芸能人・経営者のおくやみ情報

曲亭馬琴(きょくていばきん)

読本作者[日本]

(別称・滝沢馬琴、嘉永元年11月6日没)

1848年 12月1日 死去享年82歳

 - ウィキペディアより引用

曲亭 馬琴(きょくてい ばきん、明和4年6月9日(1767年7月4日) - 嘉永元年11月6日(1848年12月1日))は、江戸時代後期の読本作者。
本名は.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}滝沢興邦(たきざわおきくに)(旧字体:瀧澤興邦)で、後に解(とく)と改める。
号は著作堂主人(ちょさくどうしゅじん)など。
代表作は『椿説弓張月』『南総里見八犬伝』。
ほとんど原稿料のみで生計を営むことのできた日本で最初の著述家である。

関連作品

曲亭馬琴が亡くなってから、172年と361日が経過しました。(63184日)