芸能人・経営者のおくやみ情報

島木健作(しまきけんさく)

作家[日本]

1945年 8月17日 死去肺結核享年43歳

島木健作 - ウィキペディアより引用

島木 健作(しまき けんさく、1903年9月7日 - 1945年8月17日)は、日本の小説家。
本名は朝倉 菊雄(あさくら きくお)。
高見順・中野重治・徳永直・林房雄らとともに、転向文学を代表する作家の1人。
農民運動に加わり、投獄され転向。
この体験を元にした『癩』(1934年)を発表して注目された。
『生活の探求』(1937年)は、当時の若者たちに多大な影響を与えた。
遺作に『黒猫』(1945年)、『赤蛙』(1946年)などがある。

推定関連画像

島木健作が亡くなってから、78年と331日が経過しました。(28821日)