芸能人・経営者のおくやみ情報

室生犀星(むろうさいせい)

詩人[日本]

1962年 3月26日 死去享年74歳

室生犀星 - ウィキペディアより引用

室生犀星(むろう さいせい、1889年〈明治22年〉8月1日 - 1962年〈昭和37年〉3月26日)は、日本の詩人・小説家。
石川県金沢市出身。
本名は室生 照道(むろう てるみち)。
別号に「魚眠洞」、「魚生」、「殘花」、「照文」。
別筆名は「秋本 健之」。
日本芸術院会員。
姓の平仮名表記は、「むろう」が一般的であるが、犀星自身が「むろう」「むろお」の両方の署名を用いていたため、現在も表記が統一されていない。
室生犀星記念館は「「むろお」を正式とするが、「むろお」への変更を強制するものではない」としている。
生後すぐ養子に出され、室生姓を名乗った。
養母は養育料で享楽しようとするような女で、犀星は生母の消息をついに知ることなく、貰い子たちと共同生活を送る。
養母により高等小学校を中途で退学させられ、金沢地方裁判所に給仕として勤めさせられるが、この頃より文学に関心を抱いて、やがて上京する。
しかし生活は苦しく、故郷に戻っても、出生・学歴などの理由で失恋し、東京と金沢との間を往きつ戻りつする。
この間にうたわれたのが絶唱「小景異情」である。
1915年、萩原朔太郎・山村暮鳥らと詩誌「感情」を創刊。
1918年に刊行した『愛の詩集』と『抒情小曲集』は詩壇に新風を吹き込んだ。
1919年、小説「幼年時代」「性に眼覚める頃」を発表し、小説に活動の場を移した。
長い沈黙のあと、1934年に「あにいもうと」を発表。
第2次世界大 ……

関連作品

室生犀星が亡くなってから、62年と84日が経過しました。(22730日)