芸能人・経営者のおくやみ情報

恩地孝四郎(おんちこうしろう)

画家、装幀家、写真家詩人[日本]

1955年 6月3日 死去享年65歳

恩地孝四郎 - ウィキペディアより引用

恩地 孝四郎(おんち こうしろう、1891年(明治24年)7月2日 - 1955年(昭和30年)6月3日)は、東京府南豊島郡淀橋町出身の版画家・装幀家・写真家・詩人。
長女は児童文学翻訳家の恩地三保子。
創作版画の先駆者のひとりであり、日本の抽象絵画の創始者とされている。
前衛的な表現を用いて、日本において版画というジャンルを芸術として認知させるに至った功績は高く評価されている。

関連作品

恩地孝四郎が亡くなってから、69年と50日が経過しました。(25252日)