芸能人・経営者のおくやみ情報

池内紀 氏(いけうちおさむ)

ドイツ文学者エッセイスト[日本]

2019年 8月30日 死去享年80歳

池内 紀(いけうち おさむ、1940年11月25日 - )は、日本のドイツ文学者、エッセイスト。
来歴・人物 兵庫県姫路市出身。
姫路市立城北小学校卒業。
兵庫県立姫路西高等学校卒業、東京外国語大学外国語学部卒業、1965年東大大学院人文科学研究科修士課程修了。
神戸大学助教授、東京都立大学教授、1985年東京大学文学部教授、定年前の1996年に退官した。
以後は文筆業、翻訳家として幅広く活躍しており、特にフランツ・カフカ作品の翻訳で名を成している。
NHKFM放送「日曜喫茶室」の準レギュラー。
将棋の観戦記を執筆したこともあり、将棋ペンクラブ大賞の選考委員もつとめた。
子息にアラブ研究者の池内恵、弟に宇宙物理学者・天文学者の池内了がいる。
著作 『池内紀の仕事場』全8巻 みすず書房、2004-2005(著作選集) 世紀末の肖像 〈ユダヤ人〉という存在 カフカを読む 自由人の暮らし方 文学の見本帖 架空の旅行記 名人たちの世界 世間をわたる姿勢 詩集・小説 『傀儡師の歌 詩集』思潮社、1973 『天のある人 二十三の物語』河出書房新社 1989 『開化小説集』岩波書店 1991 『閣下、ご臨終です』講談社 1991 『錬金術師通り 五つの都市をめぐる短篇集』文藝春秋 1993 『街が消えた!』新潮社 1992 『ペトリの祭檀』東逸子絵 新書館 1997 『川の司祭 十二の塔の物語』マガジンハウス 1999 『シロターノフの帰郷 短篇集』イッセー尾形挿画 青土社 2011 随筆・評論 『天狗洞食客記』コーベブックス 1976 『諷刺の文学』白水社 1978/新装版 1995-第10回亀井勝一郎賞受賞 『シレジアの白鳥』村松書館 1978 『喜劇人間百科 あるいはブヴァールとペキュシェ物語』村松書館 1980 『書斎のコロンブス』冬樹社 1982/改訂改題 「本を焚く」同ライブラリー 1990 『温泉 湯の神の里をめぐる』白水社 1982 『 ……

いけうち-おさむ 1940-昭和後期-平成時代のドイツ文学者。昭和15年11月25日生まれ。平成3年から8年まで東大教授。ドイツ,オーストリアの世紀末文化の研究や翻訳のほか,大衆芸能や温泉などにおよぶ幅ひろい文筆活動をおこなっている。著作に「諷刺の文学」(昭和54年亀井勝一郎賞),「ウィーンの世紀末」,「海山のあいだ」(平成6年講談社エッセイ賞),「ゲーテさんこんばんは」(14年桑原武夫学芸賞)など。25年「恩地孝四郎一つの伝記」で読売文学賞(評論・伝記賞)。兵庫県出身。東京外大卒。 (引用元 コトバンク)