芸能人・経営者のおくやみ情報

山下清(やましたきよし)

画家[日本]

1971年 7月12日 死去脳出血享年50歳

山下清 - ウィキペディアより引用

山下 清(やました きよし、1922年(大正11年)3月10日 - 1971年(昭和46年)7月12日)は、日本の画家。
代表作に、「花火」、「桜島」、「東海道五十三次」など。
経歴[編集] 幼少期[編集] 後遺症による障害 東京府東京市浅草区田中町(現・東京都台東区日本堤1、2丁目辺り)に、父・大橋清治、母・ふじの長男として生まれる。
翌年に関東大震災によって田中町一帯が焼失すると、両親の郷里である新潟県の新潟市(現・中央区)白山浦に転居する。
その2年後の3歳の頃に風邪から重い消化不良で命の危険に陥り、一命こそ取り留めたものの、軽い言語障害、知的障害の後遺症を患う。
母の再婚 一家は1926年(大正15年)には浅草に戻った。
脳出血で父の清治が1932年(昭和7年)に他界すると、母・ふじは再婚する。
その再婚相手は最初は優しく、相撲や将棋(多くは、はさみ将棋)をしてくれたが、酒が入ると母子に暴力を振るった。
小学校(石浜小学校)でいじめられたことを話す清に、養父が「刃物で相手を怪我させろ」と唆したことから、いじめに遭った際に鉛筆削り用の小さなナイフを手に持つようになってしまった清は、同級生に大ケガをさせたことがある。
少年期[編集] ちぎり紙細工との出会い 1934年(昭和9年)の春、養父が不在の間に、母・ふじが清を含む子供3人を連れて北千住(足立区千住)の木賃宿へ逃れる。
生活の困窮で、すぐに杉並区方南町(現・杉並区方南)にある母子家庭の ……

推定関連画像

山下清が亡くなってから、53年と11日が経過しました。(19369日)