芸能人・経営者のおくやみ情報

村田春海(むらたはるみ)

歌人国学者[日本]

(文化8年2月13日没)

1811年 3月7日 死去享年66歳

 - ウィキペディアより引用

延享3年生まれ。村田春道の次男。通称平四郎。号は琴後翁(ことじのりのおきな),織錦斎(にしごりのや)。家は江戸の干鰯問屋。兄の春郷若死後,家業を継ぐ。遊興を好み,十八大通の一人に数えられたが,破産して零落。賀茂真淵門下で歌・文に長じ,加藤千蔭とともに県門の双璧と称せられる。仮名遣いの研究にも業績をあげた。また《新撰字鏡》を発見・紹介したことで知られる。門下に岸本由豆流(ゆずる),清水浜臣ら,主著に家集《琴後集》,《仮字大意抄》《歌がたり》などがある。(参照元・百科事典マイペディア)

関連作品