芸能人・経営者のおくやみ情報

松平定信(まつだいらさだのぶ)

大名、老中首座[日本]

(文政12年5月13日没)

1829年 6月14日 死去享年72歳

 - ウィキペディアより引用

松平 定信(まつだいら さだのぶ)は、江戸時代中期の大名、老中。
陸奥国白河藩の第3代藩主。
定綱系久松松平家9代当主。
江戸幕府8代将軍・徳川吉宗の孫。
1787年から1793年まで寛政の改革を行った。
定信は田沼の政策をことごとく覆したと言われるが、近年では寛政の改革の政治は田沼時代のものと連続面があるとの指摘もされている。

関連作品

松平定信が亡くなってから、192年と129日が経過しました。(70257日)