芸能人・経営者のおくやみ情報

渋沢栄一(しぶさわえいいち)

幕臣、大蔵官僚、実業家、子爵[日本]

1931年 11月11日 死去直腸がん享年91歳

 - ウィキペディアより引用

渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体:澁澤 榮一、天保11年2月13日〈1840年3月16日〉 - 昭和6年〈1931年〉11月11日)は日本の武士、官僚、実業家、慈善家。
位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。
雅号は青淵(せいえん)。
江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(幕臣)に取り立てられ、明治政府では、民部省を経て直属の上司である大蔵大輔・井上馨の下で大蔵少輔・吉田清成等と共に造幣・戸籍・出納等様々な政策立案を行い、初代紙幣頭、次いで大蔵省三等官の大蔵少輔事務取扱となる。
井上馨と共に退官後は実業界に転じ、第一国立銀行(現・みずほ銀行)や東京商法会議所(現・東京商工会議所)、東京証券取引所といった多種多様な会社、経済団体の設立・経営に関わり、同時に東京養育院等の福祉事業、東京慈恵会等の医療事業、商法講習所(現・一橋大学)、大倉商業学校(現・東京経済大学)等の実業教育、東京女学館等の女子教育、台湾協会学校(現・拓殖大学)の設立、二松學舍(現・二松学舎大学)第3代舎長就任等による私学教育支援や、理化学研究所設立等の研究事業支援、国際交流、民間外交の実践等にも尽力した。
それらの功績を元に「日本資本主義の父」と称される。
また「論語と算盤」の言葉で代表される、道徳経済合一の思想でも広く知られている。

関連作品