芸能人・経営者のおくやみ情報

北里柴三郎(きたざとしばさぶろう)

医学者細菌学者、男爵[日本]

1931年 6月13日 死去脳溢血享年79歳

北里柴三郎 - ウィキペディアより引用

北里 柴三郎(きたざと しばさぶろう〈名字の読みは後述〉、嘉永5年12月20日〈1853年1月29日〉- 昭和6年〈1931年〉6月13日)は、「近代日本医学の父」として知られる微生物学者・教育者。
1889年(明治22年)に破傷風菌の純粋培養に成功、翌1890年(明治23年)に血清療法を開発、さらに、1894年(明治27年)にペスト菌を発見し、「感染症学の巨星」と呼ばれる。
貴族院議員を務め、位階勲等は従二位・勲一等・男爵。
医学博士、第1回ノーベル生理学・医学賞最終候補者(15名のうちの1人)、私立伝染病研究所(現・東京大学医科学研究所)創立者兼初代所長、土筆ヶ岡養生園(現・東京大学医科学研究所附属病院)創立者兼運営者、私立北里研究所、北里研究所病院(現・学校法人北里研究所)創立者兼初代所長ならびに北里大学学祖、慶應義塾大学部医学科学長(1920年から慶應義塾大学医学部初代学部長)、慶應医学会初代会長、慶應義塾大学病院初代院長。

関連作品

北里柴三郎が亡くなってから、92年と305日が経過しました。(33908日)