芸能人・経営者のおくやみ情報

秦佐八郎(はたさはちろう)

細菌学者[日本]

1938年 11月22日 死去脳軟化症享年66歳

 - ウィキペディアより引用

秦 佐八郎(はた さはちろう、1873年3月23日 - 1938年11月22日)は島根県美濃郡都茂村(現:益田市)出身の細菌学者。
学位は医学博士。
当時難病であった梅毒の特効薬サルバルサン(砒素化合物製剤606号)をドイツのパウル・エールリヒ(1908年ノーベル生理学・医学賞受賞)と共に開発し、多くの患者を救ったことで知られる。
生前、1911年にノーベル化学賞と1912年・1913年にノーベル生理学・医学賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している。

関連作品

「秦佐八郎」と関連する故人