芸能人・経営者のおくやみ情報

北条政子(ほうじょうまさこ)

源頼朝の正室[日本]

(嘉禄元年7月11日没)

(ユリウス暦) 1225年 8月16日 死去享年69歳

北条政子 - ウィキペディアより引用

北条 政子(ほうじょう まさこ、平政子(たいらの まさこ)、保元2年(1157年) - 嘉禄元年7月11日(1225年8月16日))は、平安時代末期から鎌倉時代初期の女性。
鎌倉幕府を開いた源頼朝の御台所。
子は頼家、実朝、大姫、三幡。
周囲の反対を押し切り、伊豆の流人だった頼朝の妻となった。
夫の死後に落飾して尼御台(あまみだい)と呼ばれた。
法名を安養院(あんにょういん)といった。
頼朝亡きあと征夷大将軍となった嫡男・頼家、次男・実朝が相次いで暗殺された後は、鎌倉殿として京から招いた幼い三寅(後の藤原頼経)の後見となって幕政の実権を握り、世に尼将軍(あましょうぐん)と称された。

関連作品