芸能人・経営者のおくやみ情報

北条義時(ほうじょうよしとき)

武将、鎌倉幕府第2代執権[日本]

(元仁元年6月13日没)

(ユリウス暦) 1224年 7月1日 死去享年62歳

 - ウィキペディアより引用

北条 義時(ほうじょう よしとき)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。
鎌倉幕府の第2代執権。
伊豆国の在地豪族・北条時政の次男。
北条政子の弟。
得宗家2代目当主。
1219年に、鎌倉幕府の初代から3代にわたる源氏将軍が鎌倉から滅亡すると、得宗の北条義時が鎌倉幕府の実質的な支配者となった。
幕府と朝廷の対立が激化すると、1221年に後鳥羽上皇より北条義時追討の宣旨が全国に発布され朝敵となるも、幕府軍は京都に攻め上り、朝廷を制圧。
仲恭天皇の皇位を廃し、3人の上皇を配流した(承久の乱)。

関連作品