芸能人・経営者のおくやみ情報

太宰治(だざいおさむ)

作家[日本]

1948年 6月13日 死去自殺享年38歳

 - ウィキペディアより引用

太宰 治(だざい おさむ、1909年〈明治42年〉6月19日 - 1948年〈昭和23年〉6月13日)は、日本の小説家。
本名は津島 修治(つしま しゅうじ)。
左翼活動での挫折後、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を次々に発表。
主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。
没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。
戦後は、その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳、壇一雄らとともに新戯作派、無頼派と称されたが、典型的な自己破滅型の私小説作家であった。
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}太宰(だざい) 治(おさむ) 1948年2月頃。
田村茂撮影。
誕生 津島 修治(つしま しゅうじ)1909年6月19日 日本 青森県北津軽郡金木村(現五所川原市)死没 (1948-06-13) 1948年6月13日(38歳没) 日本 東京都北多摩郡三鷹町(現三鷹市)墓地 東京都三鷹市禅林寺職業 小説家言語 日本語国籍 日本最終学歴 東京帝国大学仏文科中退活動期間 1933年 - 1948年主題 人間の心理古典や説話のオマージュ人間の宿痾文学活動 無頼派(新戯作派)代表作 『富嶽百景』(1939年)『女生徒』(1939年)『走れメロス』(1940年)『津軽』(1944年)『お伽草紙』(1945年)『ヴィヨンの妻』(1947年)『斜陽』(1947年)『人間失格』 ……

関連作品