芸能人・経営者のおくやみ情報

太宰治(だざいおさむ)

作家[日本]

1948年 6月13日 死去自殺享年38歳

 - ウィキペディアより引用

太宰 治(だざい おさむ、1909年〈明治42年〉6月19日 - 1948年〈昭和23年〉6月13日)は、日本の小説家。
本名は津島 修治(つしま しゅうじ)。
左翼活動での挫折後、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を次々に発表。
主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。
没落した華族の女を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。
戦後は、その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳、壇一雄らとともに新戯作派、無頼派と称されたが、典型的な自己破滅型の私小説作家であった。

関連作品

  • タイトル
    斜陽
    種別
    Kindle版
    著者
    • 太宰治
    出版社
    グーテンベルク21
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥317
    中古商品
  • タイトル
    太宰治全集(10) (ちくま文庫)
    種別
    Kindle版
    著者
    • 太宰治
    出版社
    筑摩書房
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥935
    中古商品

太宰治が亡くなってから、73年と346日が経過しました。(27009日)