芸能人・経営者のおくやみ情報

檀一雄(だんかずお)

作家[日本]

1976年 1月2日 死去享年65歳

檀一雄 - ウィキペディアより引用

檀 一雄(だん かずお、1912年〈明治45年〉2月3日 - 1976年〈昭和51年〉1月2日)は、日本の小説家、作詞家、料理家。
私小説や歴史小説、料理の本などで知られる。
「最後の無頼派」作家・文士ともいわれた。
また、西遊記の日本語抄訳もある(東京創元社ほか)。
代表作は、律子夫人の没後に描いた『リツ子 その愛』『リツ子 その死』、時代娯楽作品も人気があり『真説石川五右衛門』(1950年、第24回直木賞受賞)、『夕日と拳銃』など、また20年以上に亘り、書き継がれライフワークとなった遺作『火宅の人』(1986年、東映で異父弟のプロデューサーの高岩淡の企画、深作欣二監督、緒形拳主演により映画化)など。
長女は女優の檀ふみ。
長男はエッセイストの檀太郎。
妹は左翼活動家でイラストレーターの檀寿美。
作家の嵐山光三郎とは嵐山が編集者時代から親交が厚かった。

推定関連画像

檀一雄が亡くなってから、48年と205日が経過しました。(17737日)