芸能人・経営者のおくやみ情報

トーマス・カーライルThomas Carlyle

歴史家、評論家[イギリス]

1881年 2月5日 死去享年87歳

 - ウィキペディアより引用

トーマス・カーライル(Thomas Carlyle, 1795年12月4日 - 1881年2月5日)は、19世紀イギリス(大英帝国)の歴史家・評論家。
スコットランドのダンフリーズ・アンド・ ガロウェイ、エクルフェカン(英語版)出身。
代表作には、『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などがある。
ドイツ文学を研究したことでも知られ、ゲーテとの往復書簡がある。
〈全集 The works of Thomas Carlyle〉は30巻に達している。
1865年にはエディンバラ大学の学長に任命され、1868年まで務めた。

関連作品

トーマス・カーライルが亡くなってから、140年と297日が経過しました。(51432日)